洗濯機の乾燥機能を使うならドラム式がオススメ!家電屋が解説します

ドラム 乾燥 評判

洗濯機の買い替えでドラム式か縦型にするか迷いますよね?

乾燥機能を使うならドラム式洗濯機にしないと勿体ないです。

なぜ乾燥機能を使うならドラム式が良いのか?

家電屋で10年以上働いている私が順番に解説します。

ドラム式の乾燥機能は圧倒的に電気代が安い

お悩みさん

乾燥機能ってどれも一緒じゃないの?

水冷式・空冷式・ヒートポンプ式の3種類の乾燥機能があります。

縦型にも乾燥付きモデルはありますが、ドラム式にのみあるヒートポンプ乾燥方式がオススメです。

洗濯機の乾燥機能①水冷式

水冷式とは?

  • 乾燥時の冷却に水を使用
  • しかし、換気の必要なし
  • 主に縦型(パナソニックと日立)とドラム型タイプに採用

洗濯機の乾燥機能②空冷式

空冷式とは?

  • 乾燥時の冷却に水を使用せず本体から外へ排出
  • 非常に部屋が湿気る為、換気が必要
  • 主に縦型(東芝とシャープ)に採用

洗濯機の乾燥機能③ヒートポンプ式

ヒートポンプ式とは?

  • 乾燥時に水は使わない
  • 除湿しながら60度以下の温風で衣類に優しい
  • ドラム型洗濯機の一部機種のみに採用

縦型とドラム型洗濯機では目安として10万円くらい値段に差がでます。

もし貴方が毎回の洗濯で乾燥機能を使いたいならドラム型洗濯機をお勧めします。

何故なら縦型の水冷式・空冷式と比べるとヒートポンプ式乾燥は圧倒的にコストが安いからです。

ドラム式と縦型のモデルでコストを比較

具体的な電気代の差をパナソニックのモデルで比較します。

パナソニック

乾燥方法(6キロ)

NAVX9900(ドラム式)

ヒートポンプ式

NAFW120V2(縦型)

水冷式

乾燥時

消費電力量

890Wh2550Wh
年間の乾燥時

電気代

約8650円約24786円
1回の使用水量55リットル

乾燥時追加使用水量0

175リットル

乾燥時追加水量含む

洗いから乾燥までをどちらも6キロで行った場合、電気代が約3倍違います

ズボラくん

1年で約15000円も変わってきます

更に縦型は水冷式で追加で水を使うので1回の使用水量も3倍違います

これはドラム型が元々非常に節水モデルであるという理由もあります。

毎日乾燥するならドラム型(ヒートポンプ式)洗濯機がお勧め!

ドラム式の乾燥機能は衣類が傷みにくい

ドラム式洗濯機のヒートポンプ乾燥は縦型の乾燥機能と比べると衣類が傷みにくいです。

イメージとしてはヒートポンプ乾燥は除湿をしながら、衣類の縮みづらい低温の温度帯で乾燥をします。

対して縦型の乾燥はドライヤーで乾燥するイメージで、常に高温の風を当てるので衣類が縮んだり傷んだりしやすいです。

お悩みさん

高温の方が速く乾くんじゃないの?

乾燥時間もドラム式の方が早いです。洗濯槽内で上下左右に衣類を転がしながら温風を行き届かせるので乾きやすいのです。

対して縦型は構造上ドラム式ほど衣類を持ち上げる事が出来ず、かき混ざらないので乾燥に時間がかかります。

パナソニック

乾燥方法(6キロ)

NAVX9900(ドラム式)

ヒートポンプ式

NAFW120V2(縦型)

水冷式

洗濯+乾燥時間98分240分

短時間で効率よく低温乾燥を実現するヒートポンプ式乾燥は、乾燥に対してのネガティブなイメージである3ポイントを克服した乾燥機能です。

ネガティブなイメージ

  • 全体が完全に乾いていない
  • 生地が傷む・縮む
  • 乾燥時間が非常に長い
外干しするよりも乾燥した方がバスタオルがふんわり仕上がるので使い心地が良いです

最近の乾燥機能は服を乾かすだけじゃないからオススメ

ひと昔前は乾燥するならドラム式、必要ないなら縦型のイメージがありました。

ズボラくん

衣類乾燥以外にも乾燥機能が使えます!

水を温水に変えて洗浄能力をグッとアップさせる温水洗浄コースや、温風で脱水後の衣類をほぐしたり洗濯終了後にカビ対策で洗濯槽の乾燥をしてくれます。

ガンコな汚れ物を洗う時、冬場の水温が低い時に温水洗浄は効果的です。

黒カビに関しては、一度発生してしまうと正直洗剤ではなかなか取れないので普段からの手入れが重要です。

乾燥しない場合は縦型モデル!っていうのは昔の話。温水洗浄で更に満足度アップ

家電屋が選ぶ!ドラム式でオススメの機種

もしドラム式を私が買うなら、上記でも解説したパナソニックです。

ヒートポンプ乾燥はパナソニック以外にも東芝やシャープもありますが、総合力でパナソニックが一押しです。

パナソニックのオススメポイント

  • 乾燥フィルターと排水フィルターが掃除しやすい
  • 洗剤自動投入で使いすぎによる汚れやカビを防ぐ
  • 温水機能で衣類も洗濯槽もキレイ
  • ナノイーで黒カビや花粉を撃退
  • タッチパネルは操作がしやすい

ズボラくん

店頭では洗剤自動投入が非常に好評です

仕事や家事、育児に毎日忙しいママさんに特にオススメしたいですね。

衣類を入れてスタートを押すだけで、全自動で洗剤投入から乾燥まで行うので後は収納するのみです。

黒カビや糸くず取りのメンテナンスも非常に簡単で目詰まりを起こしにくい機種なので安心です。

これからの家電は面倒な事は機械に任せてるのが最適解だと私は常に最新家電を見て思います。

ナノイーとカラータッチパネルは最上位機種のNAVX9900シリーズのみですが、長く使っていく機種としては日頃のお手入れや使い勝手のしやすさでオススメです。

新型モデルがでました。

まとめ:乾燥機能は時短にも洗浄にも使える便利なモノ

本日は乾燥機能の良さを解説しました。

ドラム式洗濯機がオススメな方は

  • 家事は時短で済ませたい方
  • 小さなお子さんがいる家庭
  • 節約意識の高い方

購入前の参考になれば嬉しいです。

ズボラくん

ご不明な点があればTwitterを開設しています。

下記から気軽にフォローと相談お待ちしてます


洗濯機の記事はこちら

パナソニックNAFA70H7はおすすめ?洗濯機の選び方を家電店員が解説